ぎっくり腰とは何なの?その原因と共に症状や辛さについて解説TOP > ぎっくり腰になった時の対処法は?注意点と共に応急処置の仕方を解説

ぎっくり腰になった時の対処法は?注意点と共に応急処置の仕方を解説

突然激しい痛みに襲われてしまうぎっくり腰。ぎっくり腰になったら、どうすればいいんでしょう?ぎっくり腰になった時の応急処置の仕方を説明しながら、その対処法や注意点について詳しく解説します。

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になってしまったら、どのような応急処置をすればいいんでしょう?

ぎっくり腰は、腰の周りの筋肉や靭帯で炎症が起こり、激しい痛みとなって現れるものなので、ぎっくり腰の応急処置としては、まず炎症を鎮めるために患部を冷やすことが大事です。

ぎっくり腰の痛みを長引かせないためには、最初のこの応急処置が肝心です。

ここで対処法を間違ってしまうと、慢性の腰痛となってしまうこともあるので注意しましょう。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰の応急処置としては、まず冷やすことが大事ですが、次に大事なのは安静にすることです。

痛いのにムリしてストレッチをしたりすると、炎症が悪化してしまうので、ぎっくり腰の応急処置としてはNGです。

できるだけ早く炎症を鎮めるためにも、痛みの少ない姿勢をとり、アイシングで患部を冷やしながら安静にすることが対処法としてはベスト。

アイシングで患部を冷やす時には、皮膚の感覚がなくなるくらい、時間的には15~20分ほど冷やすことが大事です。

そして感覚が戻ってきたら、再度感覚がなくなるまで冷やします。

こうした応急処置を繰り返せば、炎症を鎮めることができるんです。

ぎっくり腰になった時の注意点

ぎっくり腰になった時の応急処置としては冷やすことが大事ですが、冷湿布ではなくアイシングで冷やすようにしましょう。

ぎっくり腰の応急処置では、手軽にできる冷湿布を選んでしまう人もいると思いますが、冷湿布には冷却効果はないため、ぎっくり腰の応急処置としては適していません。

ぎっくり腰の適切な対処法としては、冷湿布ではなくアイシングが一番です。

冷湿布は使わないようにしましょう。