ぎっくり腰とは何なの?その原因と共に症状や辛さについて解説TOP

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰とは、急性腰痛症というのが正式な名称で、急に腰に激痛が走り、動けなくなってしまう症状のことを言います。

重い荷物を持とうとしたり、体をひねったり、起き上がろうとした時に急に激しい痛みを感じることが多いというぎっくり腰とは、予測なくふいに起こる激しい腰痛で、原因ははっきり分からないそうです。

欧米では魔女の一撃とも言われているぎっくり腰とは、痛みによって治療法も違ってくるので、ぎっくり腰になったらすぐに病院へ行きましょう。

ぎっくり腰の原因と症状

ぎっくり腰とは、原因がよく分からない腰の激痛のことです。

ぎっくり腰とは、症状が出てからも、腰が痛くて椅子に座れない、くしゃみをすると痛い、体を動かすと激痛が走る、時間が経つほど痛みが強くなるなど、様々な痛みを伴う厄介な腰痛です。

根本的な原因は分からないと言われるぎっくり腰ですが、加齢や運動不足が引き金となることも・・。

また、ぎっくり腰とは、普段から姿勢が悪かったり、仕事などで重いものを持ったり、日常的に腰に負担をかけている人に現れやすい症状のようです。

ぎっくり腰って予防できる?

ぎっくり腰とは、腰を支えている筋肉や靭帯に負担がかかって断裂し、神経を刺激することで現れる激しい腰痛のことです。

ぎっくり腰の原因や症状は人によって違いますが、ぎっくり腰とは、一般的には1週間くらいで治まるそうです。

ぎっくり腰を予防するためには、筋力をアップさせる運動や、靭帯や筋肉を柔らかくするストレッチなどが効果的なんだとか。

ぎっくり腰とは、普段から意識していれば、予防することも可能なんです。